上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前の記事にも書いてたが、
ブレーキのフニャフニャ感が気になってて調べてたら、買ったときから付いているマスターのピストン径が14mmが付いてることに気付いた。純正は5/8インチ(15.8mm)だからたぶん間違って付けてるのだろう。

ということで適正な5/8サイズに付け替えることになった。調べてると(長い事乗ってる割に知らないことの方が多い!)ラジアルポンプマスターというのがあってタッチがダイレクトで良いらしい。どうせ替えるならそちらの方がいいし、値段もNISSINのだったら17,000円ぐらいで買える。

組みあがりで本日、車不要だったのでバイクで通勤。そのままとっとと終わらせて事務所兼倉庫にて作業開始!今付いてるマスターを取り外し、付け替える。言葉で書くと簡単だけど実際やると結構難しい!もちろん初挑戦。写真は仮組み中。



エア抜き中なんとかフルードだけはこぼさないように注意しながらエア抜き中。なかなか抜けないので根気よく。でも飽きる。





後ろからとりあえず完成!
早速乗りに行きたいところだけど、ちょっとがまんして、クラッチマスターも次回簡単に取り付けできるようにアンダーカウルをはずしておく。





そして近所をテスト走行。
やはり6ポッドのキャリパーが原因なのか、タッチが柔らかいのはあまり変わらない感じだけど、その柔らかい中にもしっかり効いてる感じは全然ちがう。前は3本指で握らないと止まれない感じで恐かったが、今回は2本指でも余裕!ロック寸前まででも安心してコントロールできそうだ。
スポンサーサイト
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/07/14(Thu) 00:30 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。